•   会社概要

  • 当社の前身が特管法制定の前から、感染性医療廃棄物に特化して、都内の大学病院様とパートナー企業の収集運搬、中間処理業者様との連携により非樹脂系で針抜けに強い独自容器を開発して特許を取得し、さらに時代が要求する低炭素時代に先駆けて焼却処理時に低いCO2排出量を誇るこの容器を、現在まで約25年間にわたり国立病院様および都内1,000件を越える病院様へ安定したOEM実績を誇っています。(累計実績約13,00万箱)併せて、ポリマー素材の容器の製造及び関連資材の輸入も行っています。
  •  
  •   CEOメッセージ


     

    創業以来、一貫して環境にやさしい医療廃棄物処理容器の開発・販売を手掛けてきました。おかげさまで、現在は年間60万箱以上の容器を医療機関様でご使用いただいております。
    一方、今後の事業発展のため、2016年10月タイのバンコクに在る関連企業の株式を取得し、タイ国内はもとより成長著しい周辺諸国への足場を築きました。微力ながら進出国の環境推進にも貢献出来ますよう努力していきます。

                                              代表取締役 上原 三郎 
  •   NEWS



    2017年3月  (公益財団法人)日本産業廃棄物処理振興センターが設置する感染性廃棄物容器審査委員会
            の評価で弊社商品12品種全てで【合格】の評価を取得しました。



    2017年1月   新聞用ポリエチレンラッピングフィルムの輸入販売を開始しました。



    2016年10月   バンコクにある M TECHNOLOGY (THAILAND)CO.,LTD を子会社化しました。



    2016年9月    資本金を2,800万に増資しました。



    2015年2月    東急ハーベストクラブの法人会員になりました。

  • 2015年9月    弊社医療廃棄物容器が年間販売箱数約60万箱を達成しました。
  • 2014年2月    (公益財団法人)日本産業廃棄物処理振興センターが設置する感染性廃棄物容器審査委員会
  •          における評価格付けにおいて、再生樹脂容器YMP35が『良』評価を取得しました。
  • 2013年2月    弊社医療廃棄物容器が年間販売箱数、約50万箱を達成しました。
  • 2012年9月   (公益財団法人)日本産業廃棄物処理振興センターが設置する感染性廃棄物容器審査委員会
  •          における評価格付けにおいて65L容器が『良』評価を取得しました。
  • 2012年8月    特定の病院様一カ所で、当社スタンドを累計で1,000台納品致しました。
  • 2007年11月   2004年に独自開発し、2005年より提供開始したステンレス製廃棄物スタンドが、
  •          キャスター、簡易ハンドル、耐久性に問題のあるオイルダンパーを用いない静かな開閉
  •          機構などの機能を加えて全タイプが新型となりました。
  • 2006年3月   (財)日本産業廃棄物処理振興センター設置する感染性廃棄物容器審査委員会における
  •          評価格付けにおいて、主力商品10品種が全て『良』評価を取得しました。